「いの町」の記事一覧

2016.01.14新春釣りバカ対談 サツキマスと冬のアマゴ釣りが、仁淀川をより輝かせる!

新春釣りバカ対談 サツキマスと冬のアマゴ釣りが、仁淀川をより輝かせる!

海で育ったマスが、産卵のため故郷の川に戻って来た ― それって、北国の川の物語と思っていませんか? 実は春の仁淀川では、体長が30~40cmにもなったアマゴ(高知名アメゴ)の降海型「サツキマス」が海か...

2015.12.02仁淀川ブルー観光の仕掛け人。じつはステキな女性なんです <城西館コンシェルジュ 近澤真弓さんに聞く>

仁淀川ブルー観光の仕掛け人。じつはステキな女性なんです <城西館コンシェルジュ 近澤真弓さんに聞く>

11月中旬の雨の土曜日、待ち合わせ場所である日高村の「レストラン高知」の駐車場に現れた近澤真弓さん、白のコットンパンツにボーダー柄の生成りのカットソー、その上からブルーの半袖プルオーバージャケット、...

2015.11.18その人生ハンパなし。高知アイスの社長は、とんでもない川人間だった!

その人生ハンパなし。高知アイスの社長は、とんでもない川人間だった!

高知県を代表する成長企業で、もっか世界進出中の会社が仁淀ブルーの流れのそばにあった!有限会社高知アイス。仁淀川の眺めが素晴らしいアンテナショップ&カフェの「高知アイス売店」も大人気です。創業者で社長...

2015.11.05グルメなら見逃せない「生姜焼き街道」って知っていますか?

グルメなら見逃せない「生姜焼き街道」って知っていますか?

高知県吾川(あがわ)郡いの町は高知県中央部を貫通する仁淀川の中流域の町ですが、生姜栽培の発祥の地ということは意外に知られていません。約100年前(大正5年)にいの町出身の深田駒次が、生姜栽培にこれまで...

2015.10.22山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(後編)

山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(後編)

登山の魅力は山の自然だけにあらず。その自然と共に暮らしてきた人たちもまた素晴らしい。瓶ヶ森(標高1896m)の麓、いの町の山奥にある越裏門(えりもん)集落で農家民宿「柊」を営む岡林弘さんを訪ねてきまし...

Page 12 of 15

≪ First
10 11 12 13 14
Last ≫