「日高村」の記事一覧

2015.09.30リレーエッセイ「私と仁淀川」 阿部夏丸(作家)

リレーエッセイ「私と仁淀川」 阿部夏丸(作家)

15年も前の話だが、いの町に家を借りたことがある。『カワウソがいる』 (ポプラ社刊) 」という本を書くためだと女房・子どもを説得したのだが、実際は川遊び三昧(笑)。昼間は川に潜りアユ、チチブ、ボウズ...

2015.09.24仁淀ブルーの水が育てたツガニ、今からが旬です

仁淀ブルーの水が育てたツガニ、今からが旬です

日本全国で清流が減った結果、「川のカニって美味しいの?」どころか「食べられるカニが川にいるの?」という人まで現れる始末。いやいやちゃんとした川ではものすごく美味なカニが秋になると獲れるんです。今回はア...

2015.09.10リレーエッセイ「私と仁淀川」 かくまつとむ(フリーライター)

リレーエッセイ「私と仁淀川」 かくまつとむ(フリーライター)

四国の高知県に、仁淀川という釣り天国があると聞いたのは今から30年以上も前。『猿猴川に死す』という本を読んだのがきっかけでした。流域の佐川町出身で、あの江戸川乱歩の才能を発掘したことでも知られる名編集...

2015.08.18川を旅して、仁淀ブルーを発見

川を旅して、仁淀ブルーを発見

「仁淀ブルーっていっても、それはかなり上流に行かないと見れないんでしょ」とよく言われます。でもそこは奇跡の清流、中・下流域にだって「限りなく透明なブルー」の川面があるんです!越知町の黒瀬キャンプ場から...

2015.08.11仁淀川の夏の風物詩、「夏鮎」を目と胃袋で楽しみませんか

仁淀川の夏の風物詩、「夏鮎」を目と胃袋で楽しみませんか

夏の仁淀川の風物詩と言えば、清冽な仁淀のブルーの清流とその中に立ち込み、川の風景と一体となって長竿を振るたくさんの釣り人の姿ですね。彼らはいったい何をどのようなやり方で釣っているのか疑問に思ったことは...

Page 8 of 9

≪ First
5 6 7 8 9
Last ≫