タグ「おすすめスポット」に該当する項目が 51 件見つかりました。

2016.04.08山里の桜とアメゴに会いに行く春のワンデイ・トリップ

山里の桜とアメゴに会いに行く春のワンデイ・トリップ

高知市内からいの町を経て、仁淀川の支流・上八川(かみやかわ)川に沿ってクルマを1時間ほど上流に走らせた吾川郡いの町上八川丙柿藪地区。ここは私の春のアメゴ(四国の地方名で標準和名はアマゴ)の釣り場です。...

2016.03.24仁淀川水系で見つけた花園、ここから春を始めてみませんか?

仁淀川水系で見つけた花園、ここから春を始めてみませんか?

この人がいなければ日本は「雑草」だらけだったかも!? それが、「雑草という名の植物はない」という言葉を残した牧野富太郎博士。日本の植物があまり解明されていない明治、大正、昭和時代に日本各地の山野に入り...

2016.03.10隕石が落ちてきて窪みができた? 「星ガ窪」のナゾ

隕石が落ちてきて窪みができた? 「星ガ窪」のナゾ

仁淀ブルー通信をお読みいただきありがとうございます。突然ですが、「ホシガクボ」という地名、聞いたことありますか…?なんでも、仁淀川町(旧・仁淀村 長者)の山の上にある「くぼ地」で、昔は競馬...

2016.02.12仁淀川水系に、日本唯一の釣りができる クリスタルリバーを発見! 来たる春、ここで釣りデビューはいかがでしょうか

仁淀川水系に、日本唯一の釣りができる クリスタルリバーを発見! 来たる春、ここで釣りデビューはいかがでしょうか

『新春釣りバカ対談・サツキマスと冬のアマゴ釣りが仁淀川をより輝かせる(1月14日配信)』で話題にのぼった仁淀川の支流・上八川川と小川川。ここは、自然の川としては冬季のアマゴ釣りが許可されている日本唯一...

2015.11.18その人生ハンパなし。高知アイスの社長は、とんでもない川人間だった!

その人生ハンパなし。高知アイスの社長は、とんでもない川人間だった!

高知県を代表する成長企業で、もっか世界進出中の会社が仁淀ブルーの流れのそばにあった!有限会社高知アイス。仁淀川の眺めが素晴らしいアンテナショップ&カフェの「高知アイス売店」も大人気です。創業者で社長...

2015.10.22山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(後編)

山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(後編)

登山の魅力は山の自然だけにあらず。その自然と共に暮らしてきた人たちもまた素晴らしい。瓶ヶ森(標高1896m)の麓、いの町の山奥にある越裏門(えりもん)集落で農家民宿「柊」を営む岡林弘さんを訪ねてきまし...

2015.10.16山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(前編)

山デビューは瓶ヶ森へ、なぜならよい宿があるから(前編)

美しい紅葉、澄んだ空気——秋は四国の山のベストシーズン。この機会に山デビューを、という人にお勧めなのが、いの町にある瓶ヶ森(かめがもり)です。絶景の天空道路「UFOライン(町道...

2015.09.24仁淀ブルーの水が育てたツガニ、今からが旬です

仁淀ブルーの水が育てたツガニ、今からが旬です

日本全国で清流が減った結果、「川のカニって美味しいの?」どころか「食べられるカニが川にいるの?」という人まで現れる始末。いやいやちゃんとした川ではものすごく美味なカニが秋になると獲れるんです。今回はア...

2015.09.15仁淀川・天空の棚田にも収穫の秋がやってきた

仁淀川・天空の棚田にも収穫の秋がやってきた

本流から支流へと遡り、仁淀ブルーの最初の一滴を生み出す山々へ――そこには仁淀ブルーに負けるとも劣らない驚きの風景が待っています。今回は、仁淀川流域の代表的な棚田を紹介しましょう。上の写真は津賀谷の棚田...

2015.09.02仁淀川とラーメンのおしゃれな関係

仁淀川とラーメンのおしゃれな関係

仁淀川本流とその支流に沿った国道脇の人気のない場所に2ヶ所、野の花のようにひっそりと開いているラーメン店がある。しかしこのお店、お昼どきには駐車場がいっぱいになり行列のできる人気店、その名は「自由軒」...

Page 5 of 6