仁淀ブルー通信編集部だより(40)

editor_040.jpg

「ニホンウナギが置かれた危機的な状況を考えると、職漁師であろうと遊漁者であろうと、もう親ウナギはとるべきではない」
「川の天然ウナギは貯金でいえば元本で、稚魚のシラスウナギを利用した養殖産業は利子の運用。今のウナギを取り巻く状況は、手を付けてはいけない元本を取り崩している状態」
複数の研究者からこのような指摘を受けると、長年、ウナギ釣りと天然物の蒲焼きを愛してきたひとりとして心穏やかではありません。
今回の記事を読んだ方の中にも、
「遊びの釣りくらいで魚が絶滅するわけがない。それより稚魚のシラスウナギの乱獲をやめさせろ」
「自分たちの地域の川にはまだまだウナギがいるから関係がないよ。迷惑な話だ」
と感じた方もおられるでしょう。
しかし、ウナギを取り巻く動きを取材してきて感じるのは、もう問題の先送りはできない時代に入ったということです。
ウナギという魚の魅力を知っている人、ふるさとの川を愛する人であればこそ、この天然資源が置かれた特殊な状況を理解し、持続的な利用のために「今、自分は何ができるか」を問い直す必要があるように感じました。
私もこの取材を機に重大な決断をしました。
ウナギ釣りに尾数制限を設けます。とりあえず1シーズン2尾まで!
それ以上は釣らないことを、今ここに誓います。
といっても、これまでだってせいぜい年に1尾くらいのものだったのですがね…。
※写真は仁淀川のレジェンド、宮崎弥太郎さん。ウナギの資源量の変化を漁の現場で実感してきた人だった。

(仁淀川資源研究所所長 かくまつとむ)

仁淀ブルー通信編集部だより(39)

editor_039.jpg

この春から恥ずかしながら高知のローカルTV局「テレビ高知」が製作している夕方のバラエティ『テレっちのたまご』という番組に準レギュラーで出演しています。そこでは釣りやアウトドアの遊びなどを、美人女性キャスターの藤崎美希さんと一緒に体験して、それをレポートするというオイシすぎて仕事とは思えない(笑い)お仕事をやっています。その一環で今回はソフト・ラフティングの取材・体験ということになったわけです。藤崎さんは吉野川の本格的なハード・ラフテングの取材経験もあるベテランなのですが、今回のロケで意外にも慎重派の「超こわがりさん」であることが判明。カメラの回っている前で大岩(水面から50cmの高さの初級ポイント)からのダイビングがどうしてもできずNGに。「プロとして恥ずかしい」と大いに落ち込んでおりました。高知の皆さんご存知のように、カラオケではほとんどプロ級の歌を聞かせてくれる藤崎さん、正直ラフティングは素人でした(失礼!)。この様子は本日、7月15日16:20からの『テレっちのたまご』で放映されます。ただし、ダイビングNGシーンが放映されるかどうかは私には分かりません(笑い)。お時間のある方はご覧ください。

KUテレビ高知『テレっちのたまご』 http://www.kutv.co.jp/teletchi/

(仁淀ブルー通信編集長 黒笹慈幾)

仁淀ブルー通信編集部だより(38)

editor_038.jpg

サーフィンをしている友人たちから、「仁淀川河口のローカル(地元サーファー)は荒っぽい」と聞いていたので、やや緊張しながら始まった今回の取材。しかし溝渕さんの人柄に触れるにつれ、リラックスしたインタビューになりました。私が属している急流カヤックの世界のほうが、サーファーよりもアクの強い人間が多いような(笑)。溝渕さんとの会話の中で強く思ったのが、サーファーというのは自然界からの使者みたいなものだということ。サーフィンという現代的なスポーツがある風景は、じつは太古からの地球の姿が残っていることを伝えているのです。

(仁淀ブルー通信編集部 大村嘉正)

仁淀ブルー通信編集部だより(37)

editor_37.jpg

う~~~~ん。楽しかった!

数日たった今でも記憶に残る時間。「旅」とはこういうものなんだと五感+αで感じ取った貴重な経験でした。最初に登場した矢野直美さんは国内外を旅しながら写真を撮り、文章を綴る「フォト・ライター」。ワークショップの中で矢野さんが語る「駅」には色々なストーリーがありました。駅にはドラマがある。ドラマを知ってしまうと、その場所に行きたくなる。そんな前段の矢野さんのお話のあとの衝撃的なボンネットバス遠足。記憶に残らない訳がないですね。

旅の案内人の坪内政美さんは、四国を中心に活動する鉄道カメラマン・ロケコーディネータ等々・・・色々なことされていて、実は業界では有名な忙しい方なんです。誰もが一度は目にしたことのあるJTB時刻表のグラビアのお仕事もされているそうです。坪内さん無しにはこのワークショップはあり得なかったのかもしれません。後で撮った写真を見てみると、次に何をやってくれるんだろうと坪内さんを追っています(汗)。

矢野直美さんと坪内政美さんの「楽しむことにとことん!」な姿勢にとても刺激を受けた楽しい時間でした。自分が楽しいことはきっとみんなも楽しいはず。仁淀川流域の「旅」を楽しんでもらうにはどうしたらいいか?大きなヒントと情熱をいただきました。素敵な時間をありがとうございました。

(仁淀川町観光協会 小野典子)

仁淀ブルー通信編集部だより(36)

editor_36.jpg

今回取材をさせていただいたひまわり畑の松本さんは、高知のおんちゃんらしく豪快で優しくてとっても笑顔がまぶしい方でした。そんな松本さんを支えているのは奥様。松本さんが心折れそうになった時も「お父さん、見に来てくれる人がおるがやき、植えよう」と励ましてくれたとか。表舞台には出てこられませんが思いは夫婦で一つなのです。ステキ!ちなみに松本さん、この6月に65歳のお誕生日を迎えられました。そこで、ひまわりの柄のキャンプ椅子をお贈りしました!気に入ってくださって現地で使っていただいているようです。うれしいなぁ。人に喜んでもらうって、相手以上に自分がうれしいんですね。松本さんもこんな気持ちでひまわりを育てているんですね。

(仁淀ブルー通信編集部員 高橋さよ)

Page 26 of 33

≪ First
24 25 26 27 28
Last ≫